4月6日「コンビーフの日」について詳しく解説

4月6日「コンビーフの日」 4月

4月6日「コンビーフの日」について詳しく解説していきます。

4月6日「コンビーフの日」の概要

4月6日「コンビーフの日」とは、1875年の4月6日に、コンビーフの容器の台形の形が特許登録されたことからこの日が「コンビーフの日」になりました。

アメリカ人のArthur A.Libby氏とWilliam J.Wilson氏の二人によって特許申請されました。

日本では1948年に国産の「コンビーフ」の瓶詰めで初めて市販を開始した、野崎産業株式会社の食品部門(現:川商フーズ株式会社)が1950年に国産初のコンビーフの缶詰を発売しました。

「コンビーフ」について詳しく解釈

「コンビーフ」とは、塩漬けにされた牛肉の事を指します。

「コンビーフ」「コン」は英語では“corned”「塩漬けにされた」という意味があり、「牛肉」意味の“beaf”が合わさって語源となっています。

日本で「コンビーフ」と言えば、火の通った身の缶詰が一般的なのですが、欧米では生のブロック肉が一般的で、缶詰では無い事が特徴です。

「コンビーフ」の独自の台形の缶は「枕缶」と呼ばれ、台形の狭くなっている方から広い方へと肉を詰める事により、空気を押し出す事で肉が酸化する事を防いでいます。

「コンビーフ」は長期保存に適しており、おおよそ3年の保存が可能で、船での長旅や、軍用の保存食として活用されていました。

「コンビーフ」の食べ方

「コンビーフ」は一見すると、ただの肉の塊に見えますが、高熱で調理し、高温高圧で殺菌もしたのちに缶詰となりますので、そのまま食べる事ができます。

しかしせっかく美味しく食べるのであれば、野菜やトマトと一緒にお好みに切った「コンビーフ」を添えて、ドレッシングをかけてサラダとし美味しく食べられます。

また、「コンビーフ」は牛肉ですので、野菜炒めなどにも適しています。

「コンビーフ」自体に味付けがされていますので、野菜と一緒にさっと炒めて醤油などで軽く味付けするだけで、メインのおかずとしてごはんに合います。

他にも、卵と相性がいい「コンビーフ」をオムレツのように包み込めば、「コンビーフオムレツ」の出来上がりです。

「コンビーフ」は他にも多彩な調理方法があり、色々な食材と合う缶詰です。

「ニューコンミート」と「コンビーフ」の違い

「ニューコンミート」は、「ニューコンビーフ」とも呼ばれていた「コンビーフ」の規格の一部です。

「コンビーフ」は日本農林規格(JAS)において、牛肉が100%使用されているものが「コンビーフ」となり、牛肉以外の肉が使われている場合は「コーンドミート」と、区別されるようになりました。

その中でも牛肉の割合について20%以上のものについては「ニューコンミート」と表記される事が許可されているという違いがあります。

牛肉以外の肉は主に馬肉が使用されており、味や匂いについても「コンビーフ」とは異なっています。

「コンビーフ」は和製英語?

「コンビーフ」という言葉はそもそも和製英語であり、海外では通じません。

アメリカでは「コーンビーフ」と呼ばれ、イギリスでは「コーンドビーフ」と呼ばれます。

日本人がこの発音を「コンビーフ」と聞き間違え、「コンビーフ」という名前で広まったという事です。

「コーンドビーフ」「コーンド」は、「塩漬けにされた」という意味で、「コンビーフ」は牛肉の塩漬という意味となるのです。

日本のメーカーでオススメは「ノザキのコンビーフ」

国産「コンビーフ」の第一号である「ノザキのコンビーフ」は、1948年に野崎産業株式会社から初の国産の「コンビーフ」として発売されました。

発売当初においては、缶の原料であるブリキの供給が不十分で瓶詰でした。

コップ型のガラス瓶にブリキ製の蓋をした「アンカー瓶」と呼ばれる瓶に入っていました。

当時は冷蔵設備が不十分で、氷で冷やした水槽を冷蔵庫として利用し、肉の塩漬けの加工していたため、非常に手間がかかっていました。

しかしその2年後に枕缶の国産コンビーフの缶詰第一号が発売、牛のトレードマークは現在も変わっていません。

以来、愛され続けた「ノザキのコンビーフ」は発売から60年以上、累計販売数は8億5000万個を超え、市場シェアは65%にも及ぶ大ヒット商品となりました。

まとめ

日本で愛され続けている「コンビーフ」は、そのまま食べるのはもちろん、色々の調理方法で楽しめます。

代表的な「ノザキのコンビーフ」も色々な歴史があり、現在の人気を得ている大ヒット商品です。

4月6日「コンビーフの日」に、家族で「コンビーフ」を食べてみてはいかがでしょうか。